工場の求人の特徴とは

アルバイトなどで人気の求人に、倉庫や工場などでの職種があります。

多くの求人誌や媒体ではこの手の求人の情報が満載で、常に募集がかかっているのが特徴です。

倉庫内の中の仕事といってもその種類は多岐にわたっています。部品の組み立てや食品の加工・仕分けや検品・梱包など実に多くの仕事内容があります。

例えばシール貼りやラベル貼りの業務は、比較的簡単なので未経験の人でも就業が可能だといいます。



また食品の加工や部品の組み立てなども、研修期間を正しく終えれば多くの人が慣れてしまうといいます。


一方で工場の仕事にはフォークリフトの免許が必要な業務などもあります。


このような免許を取得していると、通常業務よりも雇用手当が付き時給も高くなる傾向にあります。


工場内での軽作業は仕分けや梱包・ピッキングなどの業務が一般的です。

お菓子などの製造工場ではギフトやお歳暮・お中元用に商品をピッキングしてラッピングなどの梱包をします。

梱包が完了した商品にシールやラベルを貼り、発送の際に商品を積み込む業務を行います。
このような業務は全てが流れ作業で行われるため、ベルトコンベアーを導入している現場も数多いです。

また製品や部品の組み立てや加工には、倉庫内で最も多い部類のライン作業です。



最近では携帯電話やスマートフォンの組み立てのバイトなどに、高額の求人が掲載されているなどの傾向が見られます。

さらに高額の求人といえば期間限定の自動車工場でのお仕事も一般的には知られています。
このような業務は深夜・早朝問わず稼働しているので、体力のある男性が活躍している傾向が強く見られます。




Copyright (C) 2015 工場の求人の特徴とは All Rights Reserved.